そのまま何もせずに保管するのは、カビやシミなどのトラブルの元となります
目だった汚れは無いという場合についてですが
乾いた布や馬毛ブラシで表面のほこりを取り、
襟や袖口の皮脂付着部分の汚れを軽く落とし保革をしておきましょう。
風通しのよいところで陰干しをして不織布の衣装カバー(百均で十分)をし保管しましょう