ベルトのサル革(定革・游革)がちぎれ

バックルを挟み込んでいる革部を外さないで輪を通し裏に当て革をし縫い合わせ

ズルズルと回し中に収めてみました。
サル革と当て革の縫い合わせのみなので作業は早く済みました